ホーム | 日系社会ニュース | 岩手県人会=4年ぶりの餅つき大会=12月10日

岩手県人会=4年ぶりの餅つき大会=12月10日

ニッケイ新聞 2011年11月24日付け

 岩手県人会(千田曠暁会長)は『餅つき大会』を12月10日午前11時から、同県人会(Rua Thomaz Gonzaga, 95, 1o. andar, Liberdade)で開催する。白餅1パック(半キロ)前売り8レアル、当日10レ。
 4年前まで毎年、食べ放題を実施していたが、うるち米が混入し硬い米粒が混じることがあって以来、中断していた。
 しかし、かねてからの要望があり、白餅の販売のみという形で今年から再開。会員も自家用もち米を寄付するなど協力する。将来的に食べ放題を実施するかどうかは「若い人の参加と反響次第」とか。
 案内のため来社した千田会長は「一度凍らしても良く伸びるし焼いても美味しい。餅つきを体験したい人も是非どうぞ」と呼びかけている。
 問合せは同県人会(11・3207・2383)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ