ホーム | 日系社会ニュース | レストラン「望」=創作料理で人気急上昇=日伯融合の味を楽しんで

レストラン「望」=創作料理で人気急上昇=日伯融合の味を楽しんで

ニッケイ新聞 2011年12月8日付け

 昨年11月、聖市ジャルジン・アナリア・フランコ区にオープンした日本食レストラン『望』(新垣マルコス代表)が、メディアに向けた試食会を開催した。キッコーマンと道クルツラルの後援。
 モダンな外観は日本の家屋を思わせ、店内は落ち着いたシックな雰囲気が漂う。『秀樹寿司』『ジュン・サカモト』など有名レストランで経験を積んだシェフらが厨房を担う。
 提携するキッコーマンと新メニューを考案。客の反応を見てメニューの改善を続け〃創作日本料理〃を目指す。
 試食会で振舞われたのは、通常のメニューをアレンジしたもの。薄味ながらもコクのある豆腐と鮭の巾着煮、フカひれのグリーンサラダ・パルミット添え、フォアグラも入った贅沢な創作寿司、バターが意外な美味しさを引き出すマグロのホワイトトリュフなど。
 どれも色合いよくお洒落に盛り付けられ、目で見ても楽しい。
 お任せコース(70、108)、牡蠣フライやパルミット天ぷらなど前菜(15〜20)、寿司(6〜9.5)、寿司と刺身の盛り合わせ(69、132)、鮭の煮付け、豚角煮、鉄板焼き、天ぷらなど各種料理(30〜77)など。
 営業時間は月〜水が午後7時〜11時半、木〜土は午前12時まで。住所=R. Eleonora Cintra, 1040, Jd. Analia Franco、電話=11・7765・0929。

image_print

こちらの記事もどうぞ