ホーム | 文芸 | 刊行 | アマゾンの魅力を知って=アマゾナス州観光公社が=日本語でガイドブック制作=観光客の誘致を目的に

アマゾンの魅力を知って=アマゾナス州観光公社が=日本語でガイドブック制作=観光客の誘致を目的に

ニッケイ新聞 2011年12月13日付け

 【マナウス発=田中詩穂記者】アマゾナス州立観光公社「アマゾナスツール」(オレーニ・ブラガ社長)がこのほど、日本人観光客誘致を目的に日本語版ガイドブックを刊行し、ランサメントを6日夜、州都マナウス市内の西部アマゾン日伯協会(錦戸健会長)の会館で行った。この日は同会館で在マナウス総領事館(長沼始総領事)主催の天皇誕生日祝賀会が開かれており、州政府や市役所、地元警察関係者に加え同市に進出している日本企業や近隣日系団体の関係者が多く訪れ、完成を祝った。

 全263頁でオールカラー。地図や主要ホテル、レストラン、旅行会社の情報、同州の地理や歴史、料理、動物、植物に加え、旅行に際しての注意点なども網羅している。
 編集・制作を行ったのは聖市の「Empresa das Artes」社。マナウスに工場のあるホンダ社から資金援助を受け、翻訳家の松村ウンベルト氏が日本語翻訳、校正はUSP日本文化研究所が担当した。
 03年の州観光業促進プロジェクトが発足以来、ガイドブックは英、ポ、仏、独、中、西語の6カ国語版で既に刊行されており、日本語版は7番目。
 アマゾナスツールの販売促進部長のジョアン・アラウージョ氏(48)によれば「同州に最も多く訪れるのは米国人で、2番目はドイツ人、日本人は6番目」だという。
 「アマゾナス州はブラジルに来る日本人の間でリオ、イグアスの滝に次ぐ人気。遠いためになかなか足を運ぶ人が少ないが、観光客を増やすには、観光情報を母国語で提供することが必要だと思った」と目的を語り、ファビオ・アヴィラ社長(53)はサンパウロから駆けつけ「アマゾナス州の魅力を日本人にもっと知ってもらえれば」と意気込む。
 初版として一千部印刷、「Empresas das Artes」社のウェブサイトで35レアルで販売中。州内のバンカ、書店では既に店頭に並んでいる。今後全国への販売展開も行われる予定。
 連絡先はアマゾナスツール(Amazonastur – Empresa Estadual de Turismo、電話=92・2123・3801、HP=www.visitamazonas.am.gov.br)、Empresas das Artes(電話=11・3159・4448、HP=www.empresadasartes.com.br

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 多和田葉子が対談「日本語は重要」=「雪の練習生」翻訳本を出版2019年10月15日 多和田葉子が対談「日本語は重要」=「雪の練習生」翻訳本を出版  国際交流基金サンパウロ日本文化センター、トダヴィア出版が主催して10日晩、サンパウロ文化センターで多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)のポルトガル語版「雪の練習生」出版記念の公開対談が行われ、半分以上が非日系人を占める約30人が聞き入った(5面「樹海」に関連コラム […]