ホーム | 日系社会ニュース | 第8位=着物代金未納問題に幕=蛯原さん「払い終えました」

第8位=着物代金未納問題に幕=蛯原さん「払い終えました」

ニッケイ新聞 2011年12月27日付け

 「8月4日にようやくお金を払い終わりました」。百周年協会で芸能コーディネーターを務めた蛯原忠男さん(62)は9月13日、東洋街の自らの事務所でそう説明して胸をなでおろした。
 百周年の聖市祭典で皇太子殿下の面前で披露された記念曲「海を渡って百周年」の時に踊っていた228人の着物と帯の代金の件で、3年経った11年6月現在で161万円余も未払いだったのだ。着物を売った日本の呉服屋「やまとみ」(広瀬五郎社長)から相談を受けた、同音頭の作曲者・島田正市さんらが会見で明らかにしていた。
 蛯原さんは「未払いがあったのは事実であり、私の不徳の致すところ。関係した皆さんには誠に申し訳なかったと思っている。本当に面目ない」と平謝りした。
 百周年協会に対しても「呉服屋との取引は、もともとは百周年協会が肩代わりするという話があったが、理事会で否決された。あくまでも私が個人としてやったこと。本来この件と関係のない百周年協会にもご迷惑をかけてしまった」と語っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ