ホーム | 日系社会ニュース | 武本文学賞=各部門の入賞者を発表=ポ語の応募は2百点超

武本文学賞=各部門の入賞者を発表=ポ語の応募は2百点超

ニッケイ新聞 2012年1月5日付け

 第29回武本文学賞(ブラジル日系文学会主催、宮坂国人基金後援)の選考結果が昨年末に発表された。応募作品総数は日本語の部で65点、ポ語の部で207点だった。
 授賞式は3月25日午後2時から、宮城県人会館で行われる。入賞作品は『ブラジル日系文学』第40号(3月末発行)に掲載予定。
 各部門入賞者、作品名などは次の通り。(カッコ内は選考委員、敬称略)。
◎日本語部門
【小説】(醍醐麻沙夫、梅崎嘉明、能美尾透)=入選「モロッコ・タンジールの蛇使い」中野義雄、佳作「旅路—橋の上から」田口さくお。
【随筆】(西尾勝則、斉藤早百合、中田みちよ)=入選「相通うもの」小野寺郁子、佳作「ホスピス」中村茂、同「デン、走ろうよ」鎌谷昭。
【短歌】(小野寺郁子、藤田朝寿、小池みさ子)=入選なし、佳作1「面影」高橋勇三、佳作2「鷹」谷口範之。
【俳句】(間嶋稲花水、富重久子、小斉棹子)=入選「終戦日」広川ユキ、佳作「夕霞」西朋子。
【川柳】(柿嶋さだ子、森山天拝、舞田蛭唖)=応募作品僅少のため選考なし。
【詩】(浜照夫、大浦文雄、ルネ・タグチ)=入選作なし、佳作1「二つのシーン」清水夕子、佳作2「マグマ」坂上美代栄、佳作3「残されて」斉藤白憂。
【翻訳】(脇坂ジェニ、紫門明子、栗原章子)=入選作なし、佳作1「クリスマスの七面鳥」伊達すみえ、佳作2「クリスマスの七面鳥」鯖戸みや。
◎ポ語部門
【コント】(池田西谷スミ子、平田和子)=入選「O amigo de Caymmi」Gustavo Felicissimo、佳作「Batuta」Jose Alberto Lopes、同「O conselho」Silvana Brugni。
【詩】(Eunice Arruda、藤山洋児)=入選「Um poema novo a cada dia」Gustavo Felissimo、佳作「O que me resta?」Ivanilton Tristao Pereira、同「A hora exata」Regina Alonso。
【ハイカイ】(井浦賢治、小田照子)1=入選作なし、佳作「Folhas caidas」Sergio Francisco Pichorim、同「Grilo na janela」Sonia Regina Rocha Rodrigues。

image_print

こちらの記事もどうぞ