ホーム | 日系社会ニュース | 椎の実学園が新年祝賀式=今年、創立から60周年

椎の実学園が新年祝賀式=今年、創立から60周年

ニッケイ新聞 2012年1月27日付け

 今年4月に創立60周年を迎える椎の実学園(落合磨校長)は『新年祝賀式』を元日午前10時からサウーデ区の同学園で催した。
 創立以来欠かさず続く恒例行事で、今年で59回目。落合園長はじめ、教師や生徒、父兄が出席した。日伯両国家斉唱に続き、生徒代表の永石幸江さん、永石広行くんが挨拶し「勉学に励み、学園生活を楽しく過ごしたい」と誓った。
 最後に学園歌を元気良く合唱し、生徒の音頭で万歳三唱、一人ひとりにお年玉が渡された。校庭に移り祝賀パーティが行われ、創立60年に向かって希望を持って前進しようと誓い合った。

image_print

こちらの記事もどうぞ