ホーム | 日系社会ニュース | コチア青年連絡協議会=今年も三世訪日研修実施=9月中旬まで参加者募集

コチア青年連絡協議会=今年も三世訪日研修実施=9月中旬まで参加者募集

ニッケイ新聞 2012年2月1日付け

 コチア青年連絡協議会(白旗信会長)が『第2回コチア青年三世訪日研修』を2012年12月〜13年1月にかけて実施するにあたり、参加者を募集している。申込みの締切りは9月中旬。
 これまで640人の二世が研修を受けており、昨年から三世を対象に研修を開始した。雪や日本の正月体験、皇太子さまとの謁見を通して日系人としての認識を深めさせることが目的。
 対象はコチア青年三世だが、二世、コチア青年、もしくはコチア青年が保証する日系人も参加可。12歳未満は保護者同伴のこと。参加条件は、日本に個人研修期間中の引受人がいること。参加費は約5千ドル(約9千レアル、個人研修期間の滞在費は別)。日本語力は問わない。
 日程の概略は次の通り(変更となる場合もあり)。12月26日サンパウロ市グアルーリョス空港発(トロント経由)、28日東京成田着、29日〜1月18日個人研修、19日〜訪問団で広島、大阪、京都、奈良を観光。東京では東宮御所で皇太子に謁見、オリンピックセンターで研修、秋葉原、ディズニーランド、スカイツリーなどを訪れる。22日東京発、22日サンパウロ市着。
 また日本の先端技術を見せるため、研修の一部として大手企業の訪問も計画中。
 案内のため来社した第1回研修訪日団の杓田美代子副団長、羽鳥慎一理事は「申込みは早めにどうぞ。資料を使って説明します。研修に参加すると家族的繋がりが生まれ、研修後も親睦を深められるという利点もあります」と広い参加を呼びかけている。
 申込みは同協議会(11・3031・1123)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ