ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年2月3日付け

 著名な外国人移住地といえば花卉生産販売で有名なオランダ移民の「オランブラ」だが、パラナ州中部エントレ・リオスのドイツ系スアビオ人(Os Suabios)移住地のアグラリア農協も世界10大ホップ生産地だと1月23日付けエスタード紙が報道している▼1951年から52年に約500家族が土地を買って入植し、先月初旬に60周年祭が盛大に祝われた。元々はドイツ南西部に住んでいた一民族で、18世紀にバルカン諸国(現クロアチアやハンガリー)に移住して差別を受けて追放され、オーストラリアに避難していた。戦後に米国、カナダ、オーストラリア、アルゼンチンにも渡ったが、ブラジル勢が最も成功しているとか▼最初の十数年は様々な作物を試したが採算が取れず、その間に移住者の半分は欧州に帰るか、都市部に引越してしまった。現在の移住地人員は370人ほど。同農協の売上げの1位は大豆だが〃金のなる木〃はホップで総売上げの3割を占め、ブラジル産ビールの22%はこれを使っている▼今も家庭内言語はスアビオ語(ドイツ語方言)と書いてある記事もある。独ポ両語を教える私立学校を作り、移民資料館、農協の病院まである。01年の50周年記念ではスアビオ語継承と伝統芸能保存を強化する為にブラジル・スアビオ文化基金を作った▼60周年記念では「先駆移民の家」が再建された。初心を忘れないという志だろう。日系百年と奢っていてはいけない。そのような他民族系コムニダーデから学べる点は多い▼今年は日系もピニャールとグアタパラ移住地等が50周年を迎える。ぜひ意義深い事業を実施して欲しい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラナグア港から輸出される穀物コンテナ(Imprensa/ GEPR)2014年4月3日 貿易収支=第1四半期に61億ドルの赤字=史上最悪の記録を更新=3月は今年初の黒字計上も=一次産品頼りは変わらず ニッケイ新聞 2014年4月3日  3月の貿易収支は今年初の黒字を計上したが、第1四半期累計は、2013年第1四半期を上回る赤字となり、現行方式で統計を取り始めた1994年以来、最低の結果となったと2日付伯字紙が報じた。 1日に発表された3月の貿易収支は1億1200万ドルの黒字 […]
  • トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上2014年3月25日 トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上 ニッケイ新聞 2014年3月25日 1~2月のトウモロコシ輸出額は7億9100万ドルで、16億2010万ドルだった13年1~2月より8億2900万ドル激減し、1~2月の貿易収支の赤字額、61億ドルを上回った。 最近のブラジルの貿易収支では対アルゼンチン貿易の不振が大きく取り上 […]
  • 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上2014年3月8日 貿易収支の悪化止まらず=石油や派生品輸入が響く=対アルゼンチンは黒字計上 ニッケイ新聞 2014年3月8日 1月の貿易収支が大幅赤字で終わった後、2月の貿易収支も同月としては統計史上最悪の21億2千万ドル赤字で終わったため、1~2月の赤字累計も統計史上最悪の62億ドルとなったと7日付伯字紙が報じた。 2月の貿易収支は、輸入が昨年同月比7・3%増で2 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102)2014年2月20日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(102) ニッケイ新聞 2014年2月20日 「インディオの言葉で『魚がいない河』です。ですが、他の河に比べて少し少ないだけです。この河はパラナ大河に合流し、パラグアイ国境を流れ、アルゼンチンに入り、それからアルゼンチンとウルグアイの国境を流れ、ラプラタ河に合流し、アルゼンチンの首都ブ […]
  • アルゼンチン小麦が不足=ブラジル企業パラグアイへ2013年8月31日 アルゼンチン小麦が不足=ブラジル企業パラグアイへ ニッケイ新聞 2013年8月27日  世界的な干ばつによる収量減少などで小麦不足が叫ばれる中、主要取引国であるアルゼンチンからの輸入が年々減っている事を懸念するブラジル企業がパラグアイに活路を見出そうとしている。 […]