ホーム | 日系社会ニュース | クリチーバ=渡辺美濃加茂市長が来伯=「地方自治体の交流を」

クリチーバ=渡辺美濃加茂市長が来伯=「地方自治体の交流を」

ニッケイ新聞 2012年2月9日付け

 多文化共生を目指したより良い市政を行いたい—。岐阜県美濃加茂市の渡辺直由市長(なおよし、66、美濃加茂市)、市民協働部地域振興課国際交流員の大里誠治さん(おおさと、45、二世)、中日新聞美濃加茂通信局長の安藤恭子さんが来伯し、4日夜クリチーバ市内のレストランで歓迎会が開かれた。
 山口登在クリチーバ総領事、山脇ジョルジ市議など日系団体代表者ら15人が参加し、懇談の機会がもたれた。
 美濃加茂市は全国の都市の中でも、最も外国人登録者数の割合が多い都市。2008年秋のリーマン・ショック以前には外国人が総人口の10・76%と1割を超え、その大半はブラジル人となっている。
 今年には同市のNPO法人「ブラジル友の会」が行政と協力し自助的にブラジル人支援を進めたと評価され、国際交流基金「地球市民賞」を受賞するなど、ブラジル人コミュニティの活動が活発な地域でもある。
 こういった背景から、「多文化共生を目指し、より良い市政を行いたい」と考える渡辺市長の「現地に足を運び、自分の目で新たな可能性を探りたい」という思いから今回の来伯が実現。
 渡辺市長は「国同士だけでなく、地方自治体、市民同士の交流を高めていくことが重要」と話し、「そういった新たな交流が在日ブラジル人の大きな心の支えになるはず」と確信していた。
 大里さんは「こういった地域での取り組みは一外国人としても大変嬉しい」と話していた。
 市長ら一行は、岐阜県人会創立70周年記念式典に合わせ、08年に初来伯。今回の滞在ではパラナ州コロラド市などを訪問する。(長村裕佳子通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「多文化共生の基礎に」=豊田市から青年9人来伯=在日ブラジル人の故郷に触れる2008年9月19日 「多文化共生の基礎に」=豊田市から青年9人来伯=在日ブラジル人の故郷に触れる ニッケイ新聞 2008年9月19日付け  財団法人豊田市国際交流協会(豊田彬子理事長)が実施する「日本ブラジル交流年記念青少年育成プログラム」で同市から九人の青年が来伯、約十日間にわたって国内各地を訪れ交流を深めた。 […]
  • 2008年1月1日 百周年=3月までの関連行事カレンダー ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  ブラジル日本移民百周年の年が、ついに始まった。日伯交流年とあわせ、この一年、日本とブラジル両国で様々な記念行事が計画されている。外務省日伯交流年委員会が認定した記念イベント・事業は、昨年十二月十三日現在で百五十を突破、ここブラジルで […]
  • 2007年12月29日 ニッケイ新聞編集部が選んだ=2007年コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  「猪突猛進」の勢いで始まった二〇〇七年も暮れようとしている。「百周年への仕上げの年」と位置付けられた今年、国内各地で来年に向けた準備が急ピッチで進んだ。現在、かつてないほどの記念事業が進行しているが、サンパウロはもう一つ元気がな […]
  • 研究課題持ち込んで=岐阜の農高生10人、2週間滞伯へ2006年7月20日 研究課題持ち込んで=岐阜の農高生10人、2週間滞伯へ ニッケイ新聞 2006年7月20日付け  平成十八年度岐阜県農業高校生海外実習派遣団(本田裕団長)が、十五日、来伯した。イタペチ植民地や山田勇次農場で農業実習を、ポンペイアでは農工高校生と交流、クリチーバでは無農薬農場の見学を行う。十六日に岐阜県人会(山田彦次会長)主催の […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]