ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年2月10日付け

 今年は辰年。新年会やあちらこちらで〃飛躍〃という声が聞かれる。「行って逃げたら、温泉浸かったおサルさん」。干支に限らず、新年の掛け声ぐらいは勇ましくあるべきだろう。ただ、実際にコロニア周辺であった助走準備を早くも振り返っておきたい▼サンパウロ市観光公社主催のリベルダーデツアーが始まった。観光地区ながら、見所は時折のイベントと週末のフェイラ程度だった。初回はかなりの人気ぶり。文協などが乗ずればいいが、こういう際のコロニアは鈍く、飛び移れないのが常。日系市議の美化運動ものろいどころか、死んだ亀▼東京農大会の汎米大会が発展的解消、世界大会に。その第1回が8月にサンパウロ市で開かれる。「負担が重い…」とのため息も漏れるが、世界レベルで見れば、OBの数は突出している。記者らが各地でお世話になることも多く、その底力は重々承知だ。次回へ繋ぐは最初が肝心。大会の盛り上がりを待ちたい▼昨年の「ウチナーンチュ大会」。その熱気も冷めやらぬうち、沖縄系の若い世代が集う「ニセーターツアー」があった。毎年各国持ちまわり。若いパワーを16年「ウ大会」に繋げる狙いだ。ブラジルで良いスタートを切ったと信じたい。ミナス州BHでも初の日本祭りが大盛況、その見本となった県連は事務所を移転、もはや全伯コロニアの模範というべき日本祭りの準備にも力が入る▼辰を「絶つ」「立つ」にこじつけることもあるとか。十二支の元が中国であることを考えれば、日本独自の語呂あわせなのだろうが—。過去を絶って、立つ。掛け声だけで終わらないよう、期待にあわせて、自戒も込めて。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]