ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


 広島県人会の新会館が完成した。待望の、同県人会員、および子孫たちのよりどころだ。完成後、最も大事なことは、活用することである。同県人会の催しに使用するのが最優先になろうが、広く一般に開放して可能な限り多角的に生かすのが肝要だ▼構想によると、日本語教室などをスタートさせる。これは県人会関係者限定でなく、受講希望者には広く門戸を開けることになるだろう▼もう一つ着目したのは、お好み焼きレストランの、月一回開設である。お好み焼きは、広島県独特の郷土料理ではあるまいが、同県人会員の努力によって、いまやブラジルでは〃看板〃になりつつある。年配の人たちには故郷の街路の手押し屋台で食べた懐かしい記憶、若い層には和製ピッツアともいうべき新しい食べもの▼ここでもう一つ、企画の際検討に加えてほしいのは、他県人会にも同じ日「郷土料理の店を出しませんか」と勧誘することだ▼すでに、愛知県人会が自県人会の屋台祭りに他県人会を誘っている。特に若い層の柔軟性をもって、エスパッソが許せるかぎり、よそも受け入れる方向で進みたい▼県人会の会館建設に関しては、なぜ、いま、会館なのか、といった懐疑的な見方がある。一方で、建てたくても建てることができない県人会もある。広島県人会は、未来に向けつくる必要がある、と決断をくだし、母県の援助も仰いだ。ともあれ、建ててから無用の長物にしてはならない。活用をしない会館は無いも同様である。(神)

03/06/13

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]