ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルの人口のピークは2047年?

ブラジルの人口のピークは2047年?

 地理統計院が今後42年間の人口の推移を見直し、ブラジルの人口のピークは2047年の2億3320万人で、2060年には2億2830万人まで減ると発表した▼先進国では当たり前となった人口減少だが、今も人口流出が流入を上回る12州では2048年以前に人口が減り始める一方、人口流入が流出を上回るか出生率が高い8州は2060年も人口が減らないという。人口減少が最初に起きるのは、出生率が低いピアウイとバイア両州と、65歳以上の人の数が15歳未満の子供の数を最初に超えるとされるリオ・グランデ・ド・スルの3州らしい▼2060年の出生率(人口1千人あたりの出生児数)は1・77人が1・66人に低下し、平均出産年齢は27・2歳が28・8歳に上がる。高出生率州は1・95人のロライマ、1・8人のパラーやアマパーなどで、低い州は1・5人の連邦直轄区や1・55人のリオ、ミナス両州だが、リオは42年後も人口増とされる2州の一つだ▼15歳未満の層は42年間で21・3%から14・7%に減るが、65歳以上の層は9・2%から25・5%に増加。事故や暴力に伴う若者の死亡率への言及はないが、国の経済を支える15~64歳の就労可能人口の比率は下がり続け、平均年齢は32・6歳から45・6歳、平均寿命は男性が72・74年から77・9年、女性は79・8年から84・23年に延びる▼ブラジルも永遠に「若い国」ではありえない。昨今は失業率が高く、年金が家計の中心という家庭や安定した収入源の一つである年金を狙う詐欺が増えており、今後の状況変化も気にかかる。誰もが皆、笑いつつ、平安に過ごせる余生を望んでいる事だろうから。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]