ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年2月11日付け

 長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が 中心となって切り盛りした。事情を知る多くの人が会場で麺を啜って〃支援〃した。苦しい台所事情にも関わらず、その純益5千レアルは全額、東日本大震災の義捐金に。今年は式典準備のため、同祭は催されないというが、自利利他を実践した同県人会の活動に今後も期待したい。
     ◎
 モデル交番があるミナス州ベロ・オリゾンテ市のパンプーリャ文化センターは、建物内に図書館を設置し、パソコン講座や子供向けのアニメの上映、剣道や柔道、踊り、サッカーや野球、カポエイラなども行なわれているそうで、日本の交番では考えられない、警察の業務の範疇を超えていると思われるような活動も。展示されていた写真ではゴメス中尉や警察官数人、大勢の子供達が満面の笑みを見せ、モデル交番が順調に滑り出していることが伺えた。ミナス州は広いので一気に普及は難しいだろうが、少しずつ広がってほしいもの。
     ◎
 「誰も電話取らないけど、もしかして新聞社は潰れたの」—!? 皮肉めいたレクラマに耳が痛い日々。というのもベテランのテレフォニスタが休暇中。社外からの電話が他の部署に回されるのだが、人員が限られており、十分に対応できず、大変ご迷惑をおかけしている。未配達のお叱りを受けることも多く、こちらとしては平身低頭するしかない状態…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 2015年6月4日 第59回パウリスタ・スポーツ賞=6月1日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞3人含め総勢21人=多彩な競技者、功労者表彰  ニッケイ新聞が主催する「第59回パウリスタ・スポーツ賞」が6月1日午後7時からサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。現役で活躍中の選手や引退後の指導者、審判など、競技者だけでなくその振興や普及に尽力した功労者を表彰する。今年は「特別賞」3人を含む、総勢21人が受賞をする。例 […]
  • 〃ちょんまげ隊長〃ツノダ氏が講演=被災地を語る、23日に2013年6月29日 〃ちょんまげ隊長〃ツノダ氏が講演=被災地を語る、23日に ニッケイ新聞 2013年6月20日  東日本大震災以来、被災地へ通って支援活動を続ける任意団体『Smaile For Nippon』のリーダーで〃ちょんまげ隊長〃ことツノダヒロカズさんによる『東北被災地報告会』が23日午後3時から、岩手県人会で行われる。入場無料。 […]
  • ちょんまげ姿で被災地支援=ツノダヒロカズさんが講演2013年6月29日 ちょんまげ姿で被災地支援=ツノダヒロカズさんが講演 ニッケイ新聞 2013年6月29日  一昨年3月11日にあった東日本大震災以降、被災地への継続的な支援活動を行っているツノダヒロカズさん(50、千葉)が23日、岩手県人会で講演会『被災地報告会』を行った。 […]