ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年8月7日付け

 県知事らを招き、盛大に行われたコロニア・ピニャール入植50年式典。西川県知事の挨拶の中で「福井県は日本一幸せな県」という話が出て来た。どういうことかとインターネットで「福井県 幸せ」で調べてみると、日本の大学教授が合計特殊出生率や総実労働時間、平均寿命など40の指標で点数化し、総合点から都道府県を順位付けした結果、福井が1位に輝いたということらしい。ちなみに最下位は大阪だったとか。
     ◎
 大幅に遅れていた三世向けの特定ビザ発給が、正常化に向けて動き出した。旅行代理店の関係者は「お客さんはビザを申請した時点で、会社や学校を辞めたりして、それぞれ準備を始める。こんなに遅れると絶望的になってしまう」と語る。総領事館にも説明できない理由があるとはいえ、いつ事態が良くなるとの見込みもないまま待つのは辛かったはず。このような遅滞は今回が最初で最後であってほしいもの。
     ◎
 イタケーラ競技場を見学したクリアージュFCは7月28、29日、中沢理事長が中心となって開催した『第一回イタケーラ国際サッカー大会』に出場し、Aチームが6チーム中3位、Bチームが同5位に入賞した。ポルトガル、ブラジル、ボリビアのチームと真剣勝負を繰り広げた経験は日本では得難いもの。彼らのさらなる成長のきっかけとなることを期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ