ホーム | 日系社会ニュース | 魁聖が6年ぶりの帰国=祖母正子さん「日本語で話したい」=後輩らに魁心と稽古も

魁聖が6年ぶりの帰国=祖母正子さん「日本語で話したい」=後輩らに魁心と稽古も

ニッケイ新聞 2012年2月14日付け

 サンパウロ市出身の幕内力士・魁聖(菅野リカルド、26)=友綱部屋=が18日に急きょ帰国することが決まった。2006年の入門以来初、6年ぶりに母国の土を踏むことになる。先月から体調を崩して入院している祖母正子さん(80、愛知)のお見舞いが主な理由だが、19日には合同練習とシュラスコも予定されており、コロニアとの交流も行われる。パラー州出身で1月場所を最後に引退した同部屋の魁心(25)が同行し、24日にはブラジルを発つ。

 昨年の5月場所で怒涛の9連勝を果たし敢闘賞を獲得したが、1月場所では5勝10敗、前頭16枚目に。場所終了ごとに来伯の可能性がささやかれていたが、負け越しが続き「凱旋」とならないため、帰国も先延ばしになっていた。
 「祖母の健康状態が悪化したことで、友綱部屋の親方から許可が出たようです」と父ルイスさんは明かす。20日から帰国までの4日間を過ごす家族も6年ぶりの再会を待ちわびている。
 祖母正子さんは現在サンパウロ市内の病院に入院中。1月中旬頃に腸の手術を終え、現在は普通の食事ができるまで回復した。
 順調にいけば魁聖の滞伯中にも退院する予定で「早く会いたい。リカルドと日本語で話が出来るのが楽しみ。病気になり、応援される側になってしまったけれど、私からも元気付けたい」と笑顔を見せる。
 19日にはブラジル相撲連盟(篭原功会長)の主催で、午前9時からサンパウロ市ボンレチーロ区の常設土俵場(Avenida Castelo Branco, 5446)で、魁聖と魁心を迎えての稽古を行う。
 各支部の幼年から青年達約200人が集まって稽古、魁聖らが土俵で子供達に胸をかす。正午頃から歓迎シュラスコも予定する。
 篭原会長は「魁聖を見たい、応援の言葉を直接届けたいという人はぜひ足を運んで欲しい」と広く参加を呼びかけている。希望者は籠原(11・5522・0950)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • オーリャ!2015年4月29日 オーリャ!  編集部でもツイッター(英語で「さえずり、つぶやき」を意味する)を始めた。140文字以内の短文を、インターネットを通して配信する交流サービスだ。難解な長文でなく、字数なりの〃小さな気付き〃のような内容が多い。 コラム子は日本在住時に、在日ブラジル人のシュラスコ会情報をそれで […]