ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年2月15日付け

 ミナスジェライス州ベロオリゾンテで開かれた第一回日本祭りでは、日本文化のワークショップが大人気だった。風呂敷のワークショップでは、買い物用バックやベルトにつなぐポシェット、ペットボトルの飲み物を入れる風呂敷の結び方などをレクチャー、参加者は「すごく便利!」と大喜びだった。サンパウロから訪れた講師の三瓶クラウジオさん(40、三世)は、「ミナスの人のほうが、珍しいからか関心が高い」と目を丸くする。参加者は日本文化とともに、環境保護の重要さも同時に学べたよう。
     ◎
 映画『男はつらいよ』の「おばちゃん」三崎千恵子さんが13日、亡くなった。享年90。山田洋次監督は「寅さんファミリーの大黒柱だった。淋しい限り」とコメントしている。おいちゃんは森川信、松村達雄、下条正巳と代替わりしているが、三崎さんは全48作に出演した。「寅ちゃん、ご飯ぐらい食べてお行きよ」の台詞が温かい。あんな実家があればなあ—なんて思った方も多いのでは。ご冥福をお祈りしたい。
     ◎
 パウリスタ野球連盟の沢里オリヴィオ会長によれば、イビウーナ市のヤクルト野球練習場では現在、 ブラジルやペルー、亜国から15〜17歳のジュニア選手45人を集めてキャンプが行われている。昨年に続き2回目で、米国メジャーリーグからも8人ほどスカウトが来ているとか。「 ブラジルの若い才能に注目が集まっている」と喜びつつも「日本からは一人もスカウトが来てないけどね」とポツリ…。

image_print

こちらの記事もどうぞ