ホーム | 日系社会ニュース | おかえりなさい!魁聖!=ファン、後輩力士が歓迎=コロニアの応援にも期待=「三役を目指したい」

おかえりなさい!魁聖!=ファン、後輩力士が歓迎=コロニアの応援にも期待=「三役を目指したい」

ニッケイ新聞 2012年2月23日付け

 サンパウロ市出身の大相撲力士・魁聖(25、三世)=友綱部屋=が18日、6年ぶりに帰国した。翌19日には相撲愛好者や後輩力士ら約150人が集まり、帰国歓迎会がサンパウロ市ボン・レチーロ常設土俵で盛大に行われた。魁聖は本紙の取材に対し「自分の相撲は日系人の方々に育てられた。こうした恩は忘れてはいけない」と襟を正し「三役を目指して頑張るので、応援をお願いします」としっかりした日本語で答えた。

 午前9時から、サンパウロ市近郊の各支部から集まった子供、青年力士たちが練習を開始、汗を流して魁聖の到着を待った。会場には相撲ファンや友人などが続々と集まりはじめ、魁聖が家族とともに現れた瞬間、来場者は立ち上がり拍手で迎えた。
 練習を中断して子供達が駆け寄ると、一人一人に笑顔で握手。記念写真ラッシュにも嫌な顔一つせず快くサインに応じた。同行した魁心(25、二世)が魁聖のまげを結う実演もあり、着流し姿になると辺りからは歓声が響いた。
 昨年5月の技量審査場所で9連勝を含めた10勝を上げ、東前頭5枚目まで昇格したものの4場所連続で負け越しが続き、十両転落がほぼ確実となっている。
 記者団のインタビューでは、昨年から坐骨神経痛で腰を痛めていると話し「けがとの付き合いが大切。まず幕内に戻り、三役を目指したい」と力を込めた。
 ブラジルの相撲人口が減っていることに関し「相撲は友達と会える楽しい場所。皆で強くなって、日本に来る選手が現れれば嬉しいですね」と笑顔で話した。
 サンパウロ時代に魁聖と何度も戦った樋口高大さん(29、二世)は「あの頃から強かったが、更にたくましくなった。責任ある立場にいるつらさも感じたので、ブラジルで気分転換してほしい」とエールを送る。
 「握手するため近くに立ったけど、テレビで見るより大きいね」と驚きを話すのは汎サント・アマーロ連合文化協会元会長の井上章さん(78、高知)は「同じ地区に住んでいながらファンになったのはNHKで大相撲を見てから。腰を治して、足を鍛えれば将来は必ず三役になれるでしょう」と期待を語った。
 練習終了後はシュラスコが行われ、魁聖をかこんで乾杯。パーティーは夕方まで賑やかに続いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 2014年4月25日 茶道裏千家が60周年=記念式典、茶会を8月 ニッケイ新聞 2014年4月25日  茶道裏千家の南米普及60周年目を記念し、茶道裏千家淡交会総本部が8月29日から3日間、サンパウロ市で「記念大会」を開催する。  当地の裏千家はサンパウロ市市制四百周年祭の折、日本館の竣工式に出席した千宗室・第15代家元(当時)によって始め […]