ホーム | 日系社会ニュース | なでしこユースが来伯!=初の日伯女子サッカー試合=2、4日にサンパウロ市でキックオフ=「震災遺児救う施設を」=あしなが育英会が支援要請

なでしこユースが来伯!=初の日伯女子サッカー試合=2、4日にサンパウロ市でキックオフ=「震災遺児救う施設を」=あしなが育英会が支援要請

ニッケイ新聞 2012年3月2日付け

 昨年見事世界一に輝いた日本女子サッカー代表チーム「なでしこジャパン」のユース(18歳未満)が、大震災支援に一肌脱ぐ——。東京に本部を置き、国内外の遺児を支援している非営利組織「あしなが育英会」(玉井義臣会長)が計画する、震災で親を亡くした子供達の心のケアをする施設「東北レインボーハウス」の建設費用捻出を目的に、日本の女子サッカーユースがブラジルのチームとサンパウロ市で親善試合を行うにあたり、選手団、全面協力した日本サッカー協会や同会の関係者ら総勢33人が27日に来伯、29日に宮城県人会で記者会見を行った。日本の女子サッカーチームのブラジル遠征は史上初だ。

 選手は16人。全日本女子サッカー選手権大会で、高校生チームながら3位に輝いた宮城県仙台市の常盤木学園、聖和学園、JFAアカデミー福島などに所属する、宮城、福島出身の17歳以下の選手が集められた。
 チームの中には自宅が津波に流されて親族を亡くした選手もいる。自宅が被災し、曾祖母やおばを亡くした常盤木高校二年生の八幡あすかさん(17、石巻市)は、「辛い思いをしたが震災後も毎日サッカーができている。ブラジルの遠征に来られて嬉しい。勝てるようにしっかりプレーしたい」と挨拶した。
 本紙の取材に対して、「貴重な経験。ブラジルの選手は大柄でスピードがあるが、小柄な私たちでもできることがあると思う。パスを意識してチームプレーを発揮したい」と意気込んだ。
 「レインボーハウス」建設には約25億円の費用を要し、現在17億が集まっている。玉井会長(77、大阪)は「未だいつ復興するかわからず、予断を許さない状況。被災した子供たちに対する癒しの場が必要で、一刻も早くレインボーハウスを建設したい」と話し、「温かく見守ってほしい」と資金援助を訴えた。
 気仙沼市出身の中沢宏一・宮城県人会長は一行に歓迎の意を示し、「震災後、我々もできることを精一杯やってきた。ブラジル人も兄弟のように心配し、大変応援してきたが、そういう国に皆さんが来てサッカーを通じて交流されるのは意義深い」と挨拶。グラウンドが避難所となり、辛い状況でプレーを続けているという選手団に対し、「頑張ってほしい。今後の活躍を期待している」と激励した。
 親善試合の日程、場所と対戦チームは次の通り。入場無料。2日=対セントロオリンピコ、午後3時、サンパウロ市の同チームスタジアムで(Avenida Ibirapuera, 1315)。4日=対ジュベントス、午後3時、サンパウロ市の同チームスタジアム(Rua Javari, 117, Mooca)。
 また、一行はサンベルナルド・ド・カンポ市のアルモニア学園を5日訪れ、同学園の高校生とフットサルの試合や夕食をともにした後、7日未明に帰国の途につく。
 レインボーハウス建設資金は、同会ホームページ(www.ashinaga.org)からクレジットカードを利用して寄付できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]