ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年4月10日付け

 チベット・ビルマ語系民族が9世紀に南下し群雄割拠し争った国。その後、11世紀になるとビルマ民族による統一国家バガン王朝が成立したが、それからも政治的な対立が多く、結局はイギリスの植民地になった。この国の独立には日本も深く関与し、建国の父・アウン・サンとネ・ウインは、日本で訓練を受け英国と闘い、勝利を手にした歴史を忘れまい▼アウン・サンは、反対派に暗殺されるが、この人の娘が今、話題のスー・チーさんである。軍事政権から自宅軟禁を命じられ、政治活動も禁止されたが、それでも民主化を唱え軍政批判を繰り返し、ノーベル賞にも輝いた。このスー・チーさんが率いる国民民主運動(NLD)が先の連邦議会補選で旧軍事政権与党の連邦団結発展党(USDP)を破り、45議席のうち43議席を獲得するという圧勝に世界の国々が拍手喝采を送ったのは喜ばしい▼軍政非難から経済制裁を課していた日米やASEANも解除を求める声明を発表している。と、民主化へと大きく踏み出したのは、大いに結構なのだが、ミヤンマーの上院は224、下院は440議席と補選の勝利だけでは政権掌握には遠い。これからは2015年の次期総選挙で過半数を獲得できるかが「鍵」となる▼故・ネ・ウイン大統領の社会主義国家は、かなり注目されたけれども、結局は軍部が政権を掌握し、厳しい政治が展開され経済的にも極めて貧しい。こうした状況を脱し民主国家を築くのは難しいが、スー・チーさんの本格的な闘いは、いよいよ本番を迎え、国家再建へと進む。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙2015年10月22日 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙  戦争中の経験は移民史上に残されず、心の奥底にうずき続けた。 サ紙創立に関わり、文協事務局長、県連会長も務め、コロニアの裏面をよく知っていた藤井卓治は「日本語新聞最大の欠陥は、ブラジルの政治批判が許されないことにある。三浦日伯は日本の出先官憲批判で、時報と対立となりブラジル政治 […]
  • 『闇の一日』の撮影の様子(IMJ提供)2015年5月30日 レジスタンス記念館で上映会=勝ち負け抗争描く『闇の一日』  勝ち負け抗争における脇山甚作事件実行者の一人、日高徳一さんの話を中心に当時の社会背景を描いたドキュメンタリー映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会が、サンパウロ市の州立レジスタンス記念館で6月6日午後2時から「土曜レジスタンス」の一環として行 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]