ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル杯囲碁大会=日本棋院南米本部で15日

ブラジル杯囲碁大会=日本棋院南米本部で15日

ニッケイ新聞 2012年4月11日付け

 日本棋院南米本部(平松幸夫理事長)は『第3回ブラジル杯囲碁大会』を15日午前8時45分から(受付は8時から20分間)、同本部(Rua Dr. Fabricio Vampre, 116, Ana Rosa)で開く。参加費40レアル、24歳以下と女性は25レ。
 ブラジル杯の出場資格は5段以上、もしくはネット上の囲碁対戦ソフト「KGS GO Server」で2段以上であること。4段以下でも希望者は参加可能。試合方法は置き石無しのオール互戦、スイス方式で持ち時間は45分、5回戦まで。
 有段者戦(初段〜4段、KGS4級〜初段)および級位者戦(級位者、KGS5K以下)も行なわれ、同日午後6時半から成績発表と授与式がある。
 村井修副理事長、押切フラヴィオ理事は「当日の参加受付も出来ますので、奮ってご参加ください」と呼びかけている。
 申込みは同本部(11・5571・2847)まで。受付時間は火〜土曜日の午後1時〜7時。また、同本部では平日1日5レ、土日10レで碁も打てる。

image_print

こちらの記事もどうぞ