ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年4月18日付け

 秋祭りで鶴我博文さんから聞いた「かつては自分達で作る、自分達のための祭りだったが、今では市民全体のものになった」との言葉が耳に残った。多くの地方日系イベントがその道を辿っている▼アチバイア花と苺祭り、アルジャー花祭り、ピエダーデ柿祭り、レジストロ灯ろう流し、ノロエステ盆踊り、マリリアのジャポン・フェスチ、ロンドリーナ日本祭りなど、みな地方最大級の行事に育っている▼特徴的なのは「Akimatsuri」という日本語が、モジではそのまま広く知られていることだ。中山喜代治理事長も「以前はポスターにFesta de Outonoとも入れていたけど、今はAkimatsuriが普及したから入ってない」と笑う。ドイツ移民の有名なビール祭りオクトーベル・フェストもドイツ語そのままだから、同じようなものか▼40万都市モジにとって入場有料で8万人が集まる行事は大きい。しかも来場者の6割は非日系、市民全体のイベントに成長した。そうなるとあらゆる地元政治家が放って置かない▼市長、市議、地元紙「オ・ジアリオ」営業部長がズラリと開会式に並んだ。30万レアルもの助成金はサンパウロ州政府からだ。かつては総領事館に陳情して日本から支援をもらったが、百年祭前後からこうした地元密着型の日系団体のあり方は普通になってきた。今後さらにこの傾向は強まる。地方文協の役割がこの10年間で変化してきたと実感する▼一般市民に溶け込みつつも、日系としての核心は残す。モジ市長が言ったように「自分達の過去をしらないと、未来は作れないし、まして現在も活かせない」との言葉は、日系人にとっても深い意味がある。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 地方の絆強め、再活性化を!=サンパウロ州日系地方団体代表者の集い=新団体の定款審議来年へ2017年11月22日 地方の絆強め、再活性化を!=サンパウロ州日系地方団体代表者の集い=新団体の定款審議来年へ  『第5回サンパウロ州日系地方団体代表者の集い』が15日午前10時からサンパウロ州のアチバイア文化体育文協(小野エリベルト会長)で開催され、約40人が出席し、うまく行った経験や問題意識を共有し合った。聖南西文化体育連盟の山村敏明会長の呼びかけにより、来年プロミッソン等で […]
  • 富士山写真展をイパネマで=リオ五輪プレイベント=静新、本紙ら4団体共催2016年4月23日 富士山写真展をイパネマで=リオ五輪プレイベント=静新、本紙ら4団体共催  リオ五輪のプレイベントとして、ニッケイ新聞と静岡新聞(提携紙)、リオデジャネイロ日伯文化協会、リオ市立マリリア・デ・ジルセウ小中学校は共催で27日から5月11日までの2週間、同校内で「写真展=ポン・デ・アスーカルから富士山へ」を開催する。開幕式は27日午後4時から。在リオ総領 […]
  • 資金難で「レジストロ平和灯ろう流し」開催が難しいと説明する山村会長2015年6月4日 地方団体があげる苦悩の声=第1回日系連合会の集い=(上)=資金難、会員減、山積する問題=「なぜ日本から支援ないの?」  「これだけ集まったのは皆がこの集いの必要性を感じているから。もっと地方同士の連携を緊密化していきたい」。聖南西文化体育連盟とリベイラ河沿岸日系団体連合会の両会長を兼任する山村敏明さんの呼びかけで「日系連合会の集い」が5月30日にサンパウロ州カンピーナス市で開催され、アララ […]
  • W杯日本代表に日系社会から応援を2014年4月2日 W杯日本代表に日系社会から応援を ニッケイ新聞 2014年4月2日  W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、 […]
  • 大耳小耳2013年9月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年9月12日  ブラジルといえばサッカーがお決まり。しかし、ジャングル・ファイト開催のため来社した猪木啓介顧問によれば、「ブラジルは総合格闘技の道場が一番多い国だと思う」。実践者も多ければ、力のある選手も豊富。30歳を過ぎると引退というほど壮絶な戦いらしい […]