ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年5月18日付け

 日本から来たばかりの青年をアマゾンの団体幹部に引き合わせた。共通項は「日本人」のみ。年齢も違い話は当然かみ合わない。中座して5分後に戻ると親しい雰囲気で談笑中。実は青年が治療で通っていた整形外科のリハビリ担当が、幹部の親戚だった▼かつてブラジルに住んだ九州在住の友人が、広島の会合に出席した。懇親会で隣に座った参加者と名刺交換。話題がブラジルに及び「もしかして…」と出たのがコラム子の名前。実は幼少時からの親友。一気に話が盛り上がったようで、酒を酌み交わし、肩を組んだ写真を送ってきた▼初対面の人間が話すとき、多くが共通項を探し始める。出身地や年齢、学校、共通の知人だったりする。その作業で共有できる部分からお互いを推し量っていく。それは何か〃縁〃と言えるものなのだろう。だが多くの場合、「奇遇だねえ」「世界は狭いねえ」で終わる▼移住当時の「会うべくして会った」エピソードをよく聞く。その出会いがなければ今はない、といった類のものだ。それは運を手繰り寄せようとする人生に対する切迫感のようなものが、縁を良縁に育て上げるのだろう。安穏とした生活のなかで、見逃している出会いがあるかと思うと人との付き合い方を見直したくなる。その逆もあるわけだが▼来伯当時、どう考えても神の配剤としか思えない出会いがあった。記者を始めたばかりの頃で、自分の進んでいる道は正しい—と意を強くしたものだが、さて。縁の判断は先延ばし、運を伸ばす毎日を送りたいものだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]