ホーム | 日系社会ニュース | 在聖日本国総領事館=百歳以上の高齢者表彰=申請締切り5月31日

在聖日本国総領事館=百歳以上の高齢者表彰=申請締切り5月31日

ニッケイ新聞 2012年5月19日付け

 在聖日本国総領事館(大部一秋総領事)が老人の日の記念行事として百歳以上の長寿者を対象に高齢者表彰を行なうにあたり、現在該当者の申請を受け付けている。締切り5月31日。
 長年社会に貢献してきた高齢者へ感謝の意を示すと共に、高齢者福祉への理解を促すため毎年厚生労働省が実施しているもので、内閣総理大臣からの祝状及び記念品が贈呈される。
 今年度の該当者は、同総領事館内(聖州、麻州、南麻州、ミナス・ジェライス州三角ミナス地域)に居住する1913(大正2)年3月31日までに生まれた日本国籍保持者。なお、既に表彰を受けた人は除く。同総領事館管轄外の人は、最寄りの在外公館に連絡のこと。
 必要書類は次の通り。
 ▼該当者の戸籍謄本またはパスポート(いずれも古くても可)のコピー▼該当者の身分証明書(イデンチダーデ)のコピー▼該当者の現住所▼該当者に連絡が取れる家族の連絡先氏名と電話番号。
 書類の提出先は同総領事館日系社会班(電話=11・3254・0100、FAX=11・3254・0124)。

image_print

こちらの記事もどうぞ