ホーム | 日系社会ニュース | 「胸に迫る思いだった」=ペレ、被災地訪問を振り返る=『ペレジーニョ』復活会見で

「胸に迫る思いだった」=ペレ、被災地訪問を振り返る=『ペレジーニョ』復活会見で

ニッケイ新聞 2012年7月11日付け

 元サッカーブラジル代表のペレ氏をもとにしたキャラクターが主人公の漫画『ペレジーニョ』。1982年以来の復活を記念した記者会見が先月27日、サンパウロ市パカエンブー競技場にあるサッカー博物館(Museu do Futebol)であった。
 作者のマウリシオ・デ・ソウザ氏も出席し、非公式ではありながらも『ペレジーニョ』で共に再来年に控えるブラジルW杯を盛り上げていくことを宣言した。
 昨年10月に東日本大震災の被災地を訪問し、サッカーボールや電気毛布などの支援を行ったペレ氏。「両親や家族を亡くした子どもたちを目の前した時、胸に迫るものを感じた。訪問支援が出来たことは非常に光栄」と本紙の取材に答えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 大耳小耳2011年7月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年7月22日付け […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 大耳小耳2016年9月22日 大耳小耳  サッカーブラジル代表のネイマールが先週、自身の公式ツイッターで話題となっている「金メダルヘア(髪型)」の写真を投稿した。隣にはスペインリーグ・バルセロナの同僚で、同じく金髪のリオネル・メッシ、コメントには「Saiyajin(サイヤ人)」の文字が。漫画ドラゴンボールで、金髪姿に […]