ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館・草の根資金協力=ロレーナ市職業訓練設備を改修

在聖総領事館・草の根資金協力=ロレーナ市職業訓練設備を改修

ニッケイ新聞 2012年7月12日付け

 在サンパウロ日本国総領事館は、サンパウロ州ロレーナ市のサンジョアキン学校・サンルイス祈祷施設(ジルソン・パッソス・ジュニア代表)に対する職業訓練教室改修及び機材整備の供与式を先月27日、すでに改修された施設で行ない、関係者、地元住民ら約200人が出席した。
 同団体は就職準備としてロレーナ市内の青年に職業訓練のコースを提供している。2011年には洋裁、理美容のコースを開始したが、研修機材が不足している上、各教室は用途に合わせて適切に整備されておらず、学習や研修の成果が上がりにくい状況だった。
 サン・ルイス祈祷施設のトラジャーノ・オルタ神父は関係者に対し「ロレーナ市の青年の職業訓練に目と心を向け、学習の機会を与えてくれたことに感謝したい」と謝辞を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ