ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年7月12日付け

 サンパウロ市に初の南米拠点を設立したJCB。矢沢直崇社長によれば、ブラジルでのカード発行は「夢みたいな話」。利用国190カ国の内、発行国が16だからその難しさが伺える。今年発行国の仲間入りをしたシンガポールでは、和食店やラーメン店等で割引サービスを開始し好評を得ているという。客のニーズに応えることを強みと主張する同社。南米渡航者からの要望も届いているというから、実現を期待したい。
     ◎
 パリンチンスに住む俳人、戸口久子さん。普段は子供や孫に囲まれポ語で生活しているため日本語を使えることが嬉しかったのか、耳子が自宅を訪ねたとき、質問するまでもなく自らいろいろと話してくれた。事前に写真や資料などを用意し、次から次へ「これはね…」と嬉しそうに説明し、過去に思いを馳せているようだった。しかし、「日本に帰りたいと思ったことは」と聞くと「ないですね」と即答。アマゾンで重ねられた苦労は相当のものだっただろう。しかし、日本での戦争経験はそれを上回るものだったということか。終始笑みを絶やさない、穏やかな物腰が深く心に刻まれた。
     ◎
 県連「日本祭り」の会場内講堂で15日午後2時、『Coracoes Sujos』(ヴィセンテ・アモリン監督)が上映される。一足先にあった試写会で早速鑑賞。フィクション映画としてなかなかの出来。特に前半部分は目頭に熱いものを感じたほど。ほぼ日本語で楽しめる。「人が多くて…」と避ける向きの方も足を運んでみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ2018年6月14日 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ  7月21日のブラジル日本移民110周年式典まで残り僅か一カ月――それに先駆けて、17日午前8時半からイビラプエラ公園の先没者慰霊碑は例年通りだが、10時半から文協大講堂にて催される移民の日の「開拓先没者追悼法要」の方は節目の年に相応しく、千人規模の大法要になる見込みだ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]