ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年7月14日付け

 宮下ニウセ市長はブラジル史上初の日系女性市長なのだろうか—。もちろん本人に尋ねたが「サンパウロ州では間違いない。ただ全国では…」と確証がない様子。情報を元に確認すると多くが「副市長だった」。『ブラジルの日系人』を執筆、政界を含む各界著名日系人を調査した原田清さんの「そうだと思う」の一言が決め手に。当選は08年。100周年に日系史に残る出来事がもう一つ起こっていたわけだ。
     ◎
 昨日から始まった県連日本祭り。郷土食コーナーでは、開幕の二日前には完了していなければならなかったガス設備の配管が当日になっても整わず、全体の3分の1の団体が正午になっても火を使えないという事態が発生した。午後1時を過ぎた頃になって急遽家庭用ガスボンベの持ち込みが解禁されたが、多くの団体からは苦情の声が挙がっていた。昨日の配管作業中に停電があったことが遅れの原因とのことだが、20万人が集まる規模のイベントでこの管理の杜撰さは…。
     ◎
 近々、ベロオリゾンテで犬専用ラブホテル(モーテル)『アニマーレ・ムンド・ペット』がオープンする。愛犬に愛の営みが出来る場所を提供したいと願う飼い主達の要望に応え、約2百万レアルを投資して建設されたとか。犬向け高級アクセサリーも販売、今後はジムやパーティースペースも増設予定だ。室料は1日約百レ也。さすが情熱の国ブラジル、力の入れ所が違う!?

image_print

こちらの記事もどうぞ