ホーム | 日系社会ニュース | 豊田光政教授が生花実演=池坊550年記念、21日に

豊田光政教授が生花実演=池坊550年記念、21日に

ニッケイ新聞 2012年7月19日付け

 池坊華道会から豊田光政・特別派遣教授(栃木、53)が来伯し、一般向けに『デモンストレーション』を21日午後2時から、北海道協会(Rua Joaquim Tavora, 605, Vila Mariana)で開催する。参加無料。
 池坊南米支部(高田和枝支部長)、パラナ支部(鈴木隆支部長)、ラテンアメリカ橘支部(田中エメリア支部長)、ブラジル支部(河村徳子支部長)から、支部長らが案内のため来社した。
 豊田教授は教育委員会や文化庁と合同で子供を対象に教室を開くほか、池坊お茶の水学園講師も務める。北米各地および、昨年9月は池坊としても初めてガボンやモロッコなど南アフリカで講習会や実演を行なった。
 今回は18日から3日間、上級〜初級までの4支部会員を対象に講習会が開かれ、約50人が参加予定。一般向けデモンストレーションは池坊550年祭を記念して特別に企画されたもので、生花、立花、自由花などの実演が行なわれる。
 豊田教授らは「華を知らない人や子どもにも、華と触れ合う楽しさを伝えたい。お誘い合わせの上お越しください」と呼びかけている。
 なお、550年祭記念華展はパ支部、ラテン支部は9月、南米支部は8月に実施される。ブラジル支部は終了した。
 問い合わせは南米支部(11・3207・48760)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ