ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年7月31日付け

 27日付け本紙で、健康体操を巡る2団体の対立を掲載した記事「健康体操は誰のもの?」に対し、ブラジル健康表現体操協会の川添博代表から何度も電話が。「健康体操が皆のものなら、何故ALCESは商標登録をしたのか」という反論を入れてほしいとの要望。問題を公にするのを控えていた川添代表、報道に気が気でない様子だが、論争の解決を願うのは本紙も同じ。事実を明るみに出すことが、今後の発展のプラスになれば。
    ◎
 大聖市都市圏在住者でセルラーを使っている人(市外局番が11)は今週から9桁の番号に変わった。最初に9をつけるので、9××××—××××という具合だ。現在の8桁だと来年末には満杯になる可能性があるとされており、9桁にすることで25年ぐらいまでの回線が確保できる見込みだとか。しばらくは従来の8桁の電話番号を入力するだけで通常通りかかるが、いずれきちんと9桁で入力しないとつながらなくなる。今のうちに携帯電話に記憶させている電話番号を直しておいた方がいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ