ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 穀物買付けの船に御難=待てど暮らせど荷物来ず

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選2016年5月12日 ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎屠蘇を酌む我百才をブラジルに野の雨降りそびれたる残暑かな宙を飛び逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つこぼれ種子まで生える蕎麦の花盛り【百才を迎えたこの作者はまだ元気一ぱい、たのもしい限りである】   ペレイラ・バレトット    […]
  • 今年6月18日、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある先没者慰霊碑前で行われた追悼法要の様子2015年6月29日 ニッケイ俳壇(843)=富重久子 選    プ・プルデンテ       小松 八景  移民の日語り伝へて次世代へ【六月十八日はいみじくも「移民の日」である。戦後移民の私共には、その苦労の真相は新聞や書籍、或いはその方々から聞かされる実話によるしかないが、つくづく身にしむ思いの募るものばかりであった。ここに掲げ […]
  • トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上2014年3月25日 トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上 ニッケイ新聞 2014年3月25日 1~2月のトウモロコシ輸出額は7億9100万ドルで、16億2010万ドルだった13年1~2月より8億2900万ドル激減し、1~2月の貿易収支の赤字額、61億ドルを上回った。 最近のブラジルの貿易収支では対アルゼンチン貿易の不振が大きく取り上 […]
  • 北部や中西部の地価上昇=新たな輸送ルート開発見込み2014年3月12日 北部や中西部の地価上昇=新たな輸送ルート開発見込み ニッケイ新聞 2014年3月12日  従来は農産物を収穫してもサントス港やパラナグア港に運ぶのが大変で地価が安かった北部や中西部の農地価格が、北部からの輸出を見込んで上昇中と10日付エスタード紙が報じた。  大豆生産全国一のマット・グロッソ州では、2千キロ以上離れたサントスや […]
  • 山田勇次2014年1月25日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (111)=〃バナナ王〃が誕生するまで=元移民老人「戦争ない国」 ニッケイ新聞 2014年1月25日 レジストロなど南聖地方は現在でもサンパウロ州産バナナの50%を叩きだす主要生産地だ。小野一生さん(かずお)は「戦後バナナで有名になった。曲尾良顕●が同地方随一といわれるバナナ栽培をして名を売った。1940、50年代かな。オスカル曲尾ショッ […]