ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■沼田信一さん

■訃報■沼田信一さん

ニッケイ新聞 2012年9月5日付け

 パラナ日伯文化連合会相談役の沼田信一さんが9月3日午前11時15分、老衰のためパラナ州ロンドリーナ市内のマテル・デイ病院で亡くなった。享年94。
 2日午後に発熱、食欲の減退などの症状が現れたため入院、翌3日に状態が急変した。遺族によれば、先月31日にロンドリーナ日本語モデル校の新来教師歓迎会に出席、1日には散歩に出かけるなど元気な姿を見せていたという。
 沼田さんは1933年7月にありぞな丸で来伯し、聖州セッテ・バーラス植民地に入植、翌年5月にロンドリーナ市郊外に移転し、同市入植者の草分けとして一貫して農業に携わってきた。
 同連合会では教育部長として州内の日本語教育、道徳教育の普及に尽力。1991年に完成したロンドリーナ日本語モデル校の創設にも尽力した。節目の年間行事の際には率先してリーダーシップを発揮し、何度も州内の全日系団体を回るなど熱心に取り組んだ。
 第10部まで発刊された「信ちゃんの昔話」シリーズや「日本人が開拓した植民地の数々」の著書もある。
 葬儀は4日午前中に同市内のサンペドロ墓地で行われ、約500人が参列した。初七日法要の日程は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ