ホーム | 日系社会ニュース | 移民祭り、16日に開催=聖西芸能連合会がタボンで

移民祭り、16日に開催=聖西芸能連合会がタボンで

ニッケイ新聞 2012年9月7日付け

 文化福祉聖西芸能連合会(木村優会長)による『第32回移民祭り』が16日午前9時から、タボン体育文化協会サロン(Rua Nestor de Santos Lima, 18, Jd. Jamaica)である。入場無料。
 タボン市の公式行事で、地元日本語学校の生徒による寸劇、輝千代会の舞踊などが披露されるほか、イタペセリカ・ダ・セーラ文化体育協会婦人部手作りのうどんや天ぷらなども用意される。前回は約500人が来場、大盛況だった。
 案内のため来社した木村会長、中村幸男、瀧ヶ平功両副会長、橋谷文夫相談役は「日系の文化を共有しながら、一体となって祭りを行うことは、地域の絆を保っていくために重要なこと」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ