ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年9月7日付け

 アリアンサ親睦会に参加したパラー州サンタレン・ノーボ市(人口6千人)のオハゼ・セイ市長(通称ペドロ・ジャポネース)は幼少時に移住したらしく、日本語は話せず、名前の漢字もわからない。「サンタレン・ノーボ」はアマゾン川中流のサンタレーンとはまったく別の町で、州都ベレンから見ると南東に位置する海岸近くの町だ。最初は二世かと思って出身地を問うと「サガケンタラチョウ」というので、調べると「佐賀県太良町」だった。1期目の現職市長で、「いま地元では2期目当選を目指して選挙運動の真っ最中なんだが、実は、そっちを休んでこっちを優先した」というから、筋金入りのアリアンサっ子だ。
     ◎
 先月末に行われた東京農大の「海外校友大会インサンパウロ」の歓迎夕食会の席で、ブラジル農大会の沖眞一会長は大会の継続について、「特に同大バイオビジネス学科を卒業した若いブラジル人OBから声が上がった」と紹介。この有望な若者達に将来を託していきたい考えで、夕食会にも数人が参加していた。世界に20ある姉妹校から農大に留学生を送る制度で、ブラジルからは24人が同大で学び、帰伯した6人のうち4人が校友会会員となっているとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • ニッケイ俳壇(876)=星野瞳 選2016年2月18日 ニッケイ俳壇(876)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎この移住地に果つる運命の暑に耐ふる日本の夜となるを待ち初電話掛乞や仏頂面は生まれつき恐竜より進化せしこの羽抜鶏【作者は百才を迎えた。この二十三日のニッケイ紙に、寿命百才時代の生き方てふ記事があったが、稚鴎さんは俳句をひたすら作る生き方 […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 2013年8月31日 来たる!ワールドカップ=開催12都市を簡単に紹介=(9)マナウス ニッケイ新聞 2013年8月27日 写真=アマゾン川に浮かぶ島にある村で、手工芸品を作るカボクロの女性 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第64回2013年4月30日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第64回 ニッケイ新聞 2013年4月30日  この実を一度水にさらし、表皮を取って乾燥させたものが白胡椒になり、そのまま表皮ごと乾燥させれば黒胡椒になる。 「忙しい時は、実を踏みながら台所で夕飯の用意をしたこともあったよ」 […]