ホーム | 日系社会ニュース | 『おきなわ祭り』15、16日に=今年から他県の催しも

『おきなわ祭り』15、16日に=今年から他県の催しも

ニッケイ新聞 2012年9月11日付け

 沖縄県人会ヴィラ・カロン支部(翁長清支部長)が『第10回おきなわ祭り』を15、16の両日午前11時から、クルービ・エスコーラ・V・マンチェスター(Praca Haroldo Daltro s/ n, Vila Nova Manchester)で開催する。
 初日は午後9時、2日目は午後8時まで。入場無料だが、1キロの保存食の持ち寄りを呼びかけている。
 先祖を受け入れたブラジルに感謝を表し、日伯交流を深めることが目的。
 沖縄の民謡・舞踊、盆踊りのほか徳島の阿波踊り、歌手の平田ジョー、マジック師マリオ・カミヤさんらもショーを行なう。琉球國祭り太鼓はブラジリアやカンピーナスなど、遠方の支部も駆けつける。
 食事コーナーの80のバラッカがパステルやヤキソバなど料理を販売。文協婦人部も沖縄ソバ、ヤギ汁、足てびちなど沖縄料理に腕を振るう。
 案内のため来社した翁長会長、岸本アントニオ同祭実行委員長、新崎マリオ相談役らは「今年から交代で他県にも民謡を踊ってもらう。毎年色々工夫をしているので、是非見に来てほしい」と呼びかけた。
 問い合わせは同文協(11・2296・1120)、詳しくはサイト(www.okinawafestival.com.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ