ホーム | 日系社会ニュース | ジャクチンガ出身者、集まれ!=交流食事会を30日

ジャクチンガ出身者、集まれ!=交流食事会を30日

ニッケイ新聞 2012年9月14日付け

 聖州ポンペイア近郊にあったジャクチンガ植民地出身者の『第16回交流食事会』が30日午前9時から、山形県人会館(Av. Liberdade, 486, Liberdade)である。
 1936年から入植が始まった同移住地。最盛期には約90家族が居住したが、日系居住者はすでに同地を離れ、現在は牧場に姿を変えている。
 案内のため来社した国井精、山矢三郎さんによれば「50年代にはじゃが芋の生産で栄え、〃いもつくりの国〃と呼ばれるほどだった」と話す。
 毎年70人近くが参加し、食事をしながら親睦を深める。豪華景品があたるビンゴ大会もある。会費15レアル(80歳以上、10歳以下は無料)で一品持ち寄り。
 国井、山矢さんは「例年より早い時期の開催となる。お知らせ合わせの上、皆さんで」と呼びかけている。
 問い合わせは国井さん(11・3768・9315)、山矢さん(11・3992・5656)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ