ホーム | 日系社会ニュース | 関学同窓会総会・交流会=2日にシンポも

関学同窓会総会・交流会=2日にシンポも

ニッケイ新聞 2012年9月27日付け

 関西学院大学から平松一夫、鷲尾友春両教授、ブラジル交流団(同窓会員20人)が来伯するにあたり、同大同窓会ブラジル支部(喜多山重男支部長)は『総会・交流会』を10月1日午後7時から、ニッケイパレスホテル(Rua Galvao Bueno, 425, Liberdade)で開催する。参加費90レアル、会員対象。
 なお、『シンポジウム』は2日午後2時から、USP(Av. Prof. Lucinao Gualberto, 908, Cidade Universitario, Sala da Congregacao)で開催される。同大と2年前に学術協定を結んだUSP経済学部(FEA)との共催。参加無料、申込み不要。
 「ビジネスにおける日伯協力関係の展望」をテーマに、JETROサンパウロセンターの澤田吉啓所長、ブラジル三井物産の藤井晋介社長、FEA大のネルソン・カルヴァーリョ教授による基調講演、パネル討議が行なわれる。英ポ語の同時通訳付き。
 喜多山支部長は「どうか万障お繰り合わせの上、ご家族お誘い合わせてご出席ください」と呼びかけている。
 問い合わせは喜多山支部長(Eメール=shigeokitayama@hotmail.com、電話=11・3277・9296、98529・9805)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ