ホーム | 日系社会ニュース | 40歳以上は泌尿器検査を=援協「通常価格の半額で」

40歳以上は泌尿器検査を=援協「通常価格の半額で」

ニッケイ新聞 2012年9月28日付け

 リベルダーデ医療センターは10月、40〜70歳の男性を対象に『泌尿器科チェックアップ』を同センター(Rua Fagundes, 121, Liberdade)で実施する。検診料は通常価格の約半額516・07レアル。要予約。
 当地の男性3人に1人が発症すると言われる前立腺肥大やガン。特に前立腺の病気を患っている家族がいる場合や、40歳を超えた人は注意が必要。
 検査時間は約30分。診察、血液検査、検尿、PSA(前立腺検査)、クレアチニン、尿素、尿路超音波検査、前立腺超音波検査の8項目が実施される。結果が出るのは5日後。
 案内のため来社した援協の坂和三郎副会長、鍬野いづみ診療部長、足立操事務局長は「40歳を過ぎたら年に1度は検査を受け、早期発見・早期治療を心がけてください」と呼びかけている。
 問い合わせ・申し込みは、同診療所(11・3274・6508)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ