ホーム | 日系社会ニュース | 寂光祭=茨木日水上人の功績称える=本門仏立宗、小山講有を迎えて

寂光祭=茨木日水上人の功績称える=本門仏立宗、小山講有を迎えて

ニッケイ新聞 2008年4月5日付け

 【既報関連】今年開教百年を迎えたブラジル本門仏立宗(田尾清理事長)は、先月二十八日夜、日本から第二十四世講有・小山日誠上人や七十人の団体参拝客を迎えて、「寂光祭」を聖市の中央寺院日教寺で開催した。会場の体育館を埋め尽くす信者ら約六百人が参集した。
 移民百周年と開教百年にちなんで、天井にはろうそくを入れた百のガラスの器が吊るされ、幻想的な淡い灯りが会場全体を照らした。参加者全員が会場入り口で線香をあげ、小山上人の読経にあわせて題目を唱えた。
 説法で同上人は、笠戸丸でブラジルに渡り、同宗の教えを広めた茨木日水上人の功績に触れたうえで、「こんなにありがたいことはない。人間として生まれ、仏法にめぐり合った慈悲を心から感じましょう。百年に一度のご利益です」と話した。多くの信者が一つひとつの言葉に頷きながら聴き入っていた。
 今回は特別に、十九歳の青年ブラジル人の剃髪得度式が行われたほか、茨木上人を紹介するビデオ上映などがあった。
 また小山上人からサンパウロ日伯援護協会の森口イナシオ会長に五十万円の寄付があったほか、ウイリアム・ウー連邦下議の代理人から同上人に記念感謝状が手渡された。
 同宗は、六日午前十時から、茨木上人の功績を盛大に称える、門祖会並びに百周年大法要を中央寺院日教寺で開く。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]