ホーム | 日系社会ニュース | USP日文研で13日=小野寺郁子さんが講演

USP日文研で13日=小野寺郁子さんが講演

ニッケイ新聞 2012年11月8日付け

 サンパウロ総合大学(USP)の日本文化研究所(住所=Av. Prof. Lineu Prestes, 159, Cidade Universitaria)で12、13両日、韓国、日本、中国など東洋諸国の詩について各国の専門家が講演する「東洋の詩と翻訳発表会」(Jornada de poesia do oriente : Leitura e Traducao)が開かれる。入場無料で、同大東洋文学科の主催。
 両日とも午前10時〜12時半まで。12日は4人、13日は3人が発表し、それぞれポ語翻訳がつく。日本の部は13日、元本紙歌壇選者の小野寺郁子さんが午前10時半から2番目に講演する予定で、一般に広く参加を呼びかけている。
 小野寺さんは愛知県名古屋市出身。8歳で渡伯し、1970年に出聖して以降短歌に親しんできた。発表では自作の短歌の披露や、短歌の歴史について講演するという。

image_print

こちらの記事もどうぞ