ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2012年11月13日付け

 「冗談じゃない。日本のために何かしたいと思った」。一時帰伯中で、人生の半分以上を日本で過ごしたデカセギの二世男性は、「福島原発事故で帰りたいと思わなかったか」という質問に対し、冒頭のような回答を強い調子で返した。
 「福島で電気工事をしてもいいと思ったくらいだ」と付け加えたのを聞き、彼にとって故郷はどこなのだろうと思った。おそらく、もうブラジルではないだろう。
 アンジェロ・イシ教授は先日、3・11以降はデカセギ社会で定住化傾向が高まり、彼らは自身を日本社会の一部として認識する動きが強まっていると説明していた。
 通算2年余りしか当地に住んでいない記者は、自分を伯国社会の一員だとは思わないし、長く住めばそう思うだろうという確信もない。日本社会の何が在日デカセギをしてそう思わせるのかを知りたいと思った。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]
  • ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待2019年4月17日 ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待  再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料 […]
  • 大耳小耳2018年5月31日 大耳小耳  米国出身の演歌歌手ジェロさん(36)が今月12日、音楽活動の無期限休止を自分のブログで発表した。紅白にも出場し話題となったが、米ボストン大大学院修了しコンピューター関係の仕事に就くことにしたという。一方、ブラジル出身の演歌歌手エドアルド(34)は今月発売のカラオケ雑誌に記事が […]
  • 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第6回=在日日系人と交通事故2018年5月5日 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第6回=在日日系人と交通事故  筆者は、東京で弁護士をしている日本弁護士であるが、ポルトガル語やスペイン語が話せるので、それら言語の話者からの法律相談を受けることも多い。  そのほとんどが、ブラジルやペルーからのいわゆる「デカセギ」労働者である。これら「デカセギ」労働者の多くは、日本に住んでいるので、ある […]