ホーム | 連載 | 2012年 | 県連故郷巡り=神秘の首都ブラジリア=大砂丘の地マラニョン | 第13回=バレイリンニャス=トヨタ車が一番多い町=「砂丘ではバンジが最高」

第13回=バレイリンニャス=トヨタ車が一番多い町=「砂丘ではバンジが最高」

ニッケイ新聞 2012年11月27日付け

さっそうと艀を降りるバンジ、続くのもバンジ

 一行の浜口洋さん(68、三重)も小山徳さん同様に工業移民で、最初はNEC、73年からはテレブラスに勤めていた。「軍事政権は電信電話による全伯のインテグラソン(統合)を目指していた。70年代にようやく電話が普及したが、それまではリオ・サンパウロですら電話をかけるのに半日待ったりした」と思い出す。
 軍事政権は電信電話公社にポルト・アレグレからマカパーまで一瞬にしてマイクロウェーブで飛ばす構想を立てさせ、60年代後半に入札を実施し、欧米の激しい売り込みを抑えて、ブラジルNEC(1968年創立)が入札した。
 カラーテレビ用の映像を飛ばすことも全伯マイクロウェーブ構想の重要な目的だった。70年のサッカーW杯メキシコ大会でブラジルが3度目の優勝を飾ったのを契機に、当地では一気にカラーテレビへの欲求が高まり、軍事政権が実施した。ブラジル人としてのアイデンティティを醸成するには、広大な国土に同じ映像、ニュースを流し、国民に共時性を感じさせる必要があり、そのための国家的基幹設備だった。
 青年隊員らの奮闘により、72年2月19日、南大河州カシアス・ド・スル市のブドウ狩りの映像が北伯ベレンで初めて生中継の試験放送された時、小山さんは「これでブラジルの電信電話は世界的なレベルになった」と充実感をもってパラー州都で見ていたという。
 72年3月31日には正式な公開放送が始まった影には、日本企業と技術移民の血と汗と涙が隠れていた。
 小山さんは「今ではマイクロウェーブじゃあチャンネル数が足りなくなって、もう衛星放送とか光回線の時代だけど、まだ設備は残っているよ」と車窓を指差した。
 「それに、ボクがサンルイスにいた頃は、レンソイスなんて誰も知らなかったな」。サンルイスから南に車で4時間、次の目的地レンソイス・マラニェンセスの大砂丘が価値ある観光資源として〃再発見〃されたのは実に90年代初頭、最近のことだ。

   ☆   ☆

バンジの荷台の客席のみなさん

「なぜだ。この町はバンデイランテ(以下バンジ、トヨタ車)ばかりじゃないか!」
 一行を乗せたバスの中では、そんな声があちこちから聞こえた。変わり映えしない砂地の上に薄い養土層しかない潅木林を延々と4時間、サンルイスから東南に260キロ、レンソイス・マラニャンセス国立公園の中にある、バレイリンニャス(Barreirinhas)という小さな町でのことだ。
 ここが砂丘観光の出発点だ。日系人もまったくいない町で、なぜかバンジだけが闊歩している。同車はブラジル・トヨタ社(58年創立)がサンベルナルド工場を設置した1962年から生産を開始し、01年までジープや小型トラックとして生産され続けた。日系農業者はもちろん、広く、長く愛された実用車だ。
 サンパウロ州では街中で見ることは少なくなったが、この町では荷台を3列の客席に改造したバンジが、数え切れないほど現役で走っている。
 さっそく現地ガイドのレオナルド・ソウダ・サントスさんに理由を聞くと、「知らないのかい? ここはブラジルで一番トヨタ車の比率が高いが町として有名なんだ」と胸を張った。
 「どうして?」と畳み掛けると、「一番丈夫だから。トヨタは壊れない。他社の車も試したけど、砂丘を走らせたらすぐに壊れる。最後に残ったのはトヨタだった」と断言する。「新車はもうないでしょ?」と聞くと、「新古車や中古車の状態がいいのを探してきて使っているんだ」。
 カローラが生産開始された98年以前をよく知るトヨタ社員が訪れたら、感激すること間違いなしの場所だ。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖2014年3月22日 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖 ニッケイ新聞 2014年3月22日 ブラジル代表(セレソン)がサッカーのワールドカップで初優勝を飾った1958年に主将をつとめたベリーニ(本名イルデラウド・ルイス・ベリーニ)が20日、入院先のサンパウロ市の病院で死去した。享年83。21日付伯字紙が報じている。 1930年にサ […]