ホーム | 日系社会ニュース | 最高だった行く年、来る年にも大いに期待=モジ・ダス・クルーゼス文協会長 中山喜代治

最高だった行く年、来る年にも大いに期待=モジ・ダス・クルーゼス文協会長 中山喜代治

ニッケイ新聞 2013年1月1日付け

 2012年はモジ・ダス・クルーゼス日系社会にとって、多大な実現の年でありました。4月には秋祭りが行われ、今までで一番良い秋祭りでした。約8万人もの入場客があり、あらゆる面で良い成果をあげました。
 堀井文夫氏のパラダイス・ゴルフ・アンド・レーク・リゾートが2014年にサッカーのワールド・カップの試合のための一つの選抜チームを接待する滞在地として選ばれました。
 10月の選挙ではモジ市議会に5人の日系人が市議として選ばれました。これはブラジルの政治の歴史に残るほど、モジの日系社会においての名誉であり、日系社会を強固にするものです。
 11月には、赴任されたばかりの在聖日本総領事の福嶌教輝氏の名誉ある公式訪問を受けることができました。8時間にわたってモジを視察され、当地の観光地としての可能性とその経済力を認識されたのではないかと推察しております。
 2012年には色々な記憶に残る出来事がありました。来年は困難を乗り越えて、ますます日系社会を発展させるために、尽力しなければならないとの決意を新たにするものです。
 2013年が皆様にとって良い年でありますように。また、多くの夢が実現できますように、心から願っております。

image_print

こちらの記事もどうぞ