ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年1月4日付け

 昨年、巷は世界終末論で賑わった。マヤの暦が12月21日で終わることから浮上した人類滅亡説だ。
 大人になるとこの手の話には動じなくなるが、それでもUFOが頻出すると言うフランス南西部の山では、宇宙船による救出を待つ人々が急増したというし、聖母マリアが昇天したというトルコの小村には聖地を求め約6万人が殺到したという。
 かく言うコラム子も20日の夜、近所であったグループ瞑想に参加してみた。「新たな時代がやってくる」と聞いて瞑想すること10分。しかしやってきたのは1年分の疲れ。新たなエネルギーのお陰か否か、熟睡の末爽快な気分で目が覚めた。
 結局深夜0時を過ぎても世界はいつもの通り。そこで、はたと考えた。世界の破滅はどの国の時間を基準にやってくる?
 それぞれ自国を基準にヒヤヒヤしていたが、やっぱり基準はマヤ?(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 久しぶりに店内で伯飯2020年7月14日 久しぶりに店内で伯飯  外出自粛を段階的に緩和している現在、6日から飲食店は制限付きで店内で食事が可能になった。 オーリャ子もこの自粛期間の4カ月間は自宅や会社で弁当を食べる生活が続いた為、久々に店内でブラジル料理を食べることに。会社近くのバールに入店し、パルメジアーナ定食を注文。 料理 […]
  • 自粛中にブラジル初床屋2020年6月27日 自粛中にブラジル初床屋  サンパウロ州政府が外出自粛を発令し、早くも3カ月が経とうとしている20日土曜。オーリャ子はこの間に伸びた前髪や襟足にイライラしていた。元々短髪で、自粛令以前は月に一回こまめに散髪をしていた。  コロナ感染が怖かったが、我慢も限界になり自宅近くのブラジル人が経営する散 […]
  • 「限界だ!!」2020年6月16日 「限界だ!!」  新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。  ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。  人通りも多く、少し歩くだけ […]