ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月5日付け

 『オヤジバトル』の最終選考に残ったグループフレンズの演奏曲「燃えてサンバ」。曲のイメージとなったのは、蛯原さんと家族ぐるみの付き合いがあり「実の娘のよう」だというボーカルの原エライネさんなのだとか。「彼女のために作った曲で、最も上手く歌えるのも勿論彼女。僕の一番お気に入りの曲です」と気合を入れている。
     ◎
 新アルバムの録音のため来伯した、ジャズサックスプレーヤーの渡辺貞夫さん。「東日本大震災応援ツアーをやりたい」と、短く多忙な滞在期間中に何とか2日間を確保したが、会場の都合がつかず断念。結局、帰国の前日に小さなレストラン=本面記事に住所など詳細=の一角でライブを実施することに。渡辺さんの生演奏を聴ける貴重な機会だが、店の収容人数は30人程度のため、希望者は早めの来場がお勧め。
     ◎
 この年末、ブラジルの〃洗礼〃を受けてしまった。年末にマナウスへ行き、布製の小ぶりの鞄を機内荷物に預けた。到着後、出てきたのは側面が引きちぎられて破れた無残な状態。最初の一言は「中身は出ていませんから」。謝罪はなく、怒り心頭の中辛うじてクレームしたが、結局代わりのバッグを用意され、それで解決にされた。丈夫ではない素材のものを預けた自分が悪いと、タン航空だっただけに舌打ちして泣き寝入り…。この国のこのレベルに、未だ慣れない滞在2年目の耳子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]
  • 大耳小耳2014年7月5日 大耳小耳  日本都市計画学会で国際交流賞を受賞した中村矗さんはその後、出身地の兵庫県を訪れ、井戸敏三県知事に報告した。今年3月に刊行された服部圭郎氏著『ブラジルの環境都市を創った日本人―中村ひとし物語』を贈呈したところ、井戸知事からも刊行された自身の随筆集を贈られたそう。お互いにサイ […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]
  • 大耳小耳2014年6月28日 大耳小耳  「富士山写真展」はオザスコの日本祭りでも好評を博し、県連日本祭りの後も、レジストロ平和灯篭流しを含め、すでに幾つかで巡回展が準備されている。霊峰富士の雄姿を各地の祭り会場で見ることも可能。巡回展の希望団体は編集部(11・3340・6060=堀江)まで。     ◎ 「憩の […]
  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]