ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月12日付け

 コロニアの民具研究を目的に来伯した日本常民文化研究所の所員らは、「民具もその知識も、時代と共に失われつつある」と嘆く。そんな中、福島県只見町では「民具を孫に残したい」との思いから、民具保存運動が興隆。90年代から、高齢者を中心に本格的な整理に着手、7千点を超える民具を保存した。これらは国の重要文化財に指定されたほか、町民の整理法は只見方式として全国の注目を集めた。資料はネット上の博物館「エコ・ミュージアム」(www.himoji.jp/tadami-item)で閲覧できる。
     ◎
 ポ語を教育機関で学び始めて約10年、帰国して4年以上が経った平良さんだが、その語学力は「日本語に比べて50%もない」と話す。勿論会話には問題はなく、難しいも「だんだん読めるようにはなってきた」ということだが、まだまだ言葉の壁は厚いと感じているような印象を受けた。そういったこともあってか「ここでの具体的な夢や目標が全然見えてこない」という。無事に進路が決まることを祈るばかり。
     ◎
 トロント日系文化会館(JCCC)は会館建設50周年を記念し、長年の夢であった「日系ヘリテージ博物館」を同館1回に開設する。ネット新聞e—nikkaによれば、今年春にオープン予定。800平米以上の敷地に展示会場、茶室、図書室に日系資料センター等を設置し、日本人移住の歴史や移住の際に携えた物品、強制収容所で使用した物品などを展示するという。北米旅行の際は、是非立ち寄ってみたいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]