ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月12日付け

 コロニアの民具研究を目的に来伯した日本常民文化研究所の所員らは、「民具もその知識も、時代と共に失われつつある」と嘆く。そんな中、福島県只見町では「民具を孫に残したい」との思いから、民具保存運動が興隆。90年代から、高齢者を中心に本格的な整理に着手、7千点を超える民具を保存した。これらは国の重要文化財に指定されたほか、町民の整理法は只見方式として全国の注目を集めた。資料はネット上の博物館「エコ・ミュージアム」(www.himoji.jp/tadami-item)で閲覧できる。
     ◎
 ポ語を教育機関で学び始めて約10年、帰国して4年以上が経った平良さんだが、その語学力は「日本語に比べて50%もない」と話す。勿論会話には問題はなく、難しいも「だんだん読めるようにはなってきた」ということだが、まだまだ言葉の壁は厚いと感じているような印象を受けた。そういったこともあってか「ここでの具体的な夢や目標が全然見えてこない」という。無事に進路が決まることを祈るばかり。
     ◎
 トロント日系文化会館(JCCC)は会館建設50周年を記念し、長年の夢であった「日系ヘリテージ博物館」を同館1回に開設する。ネット新聞e—nikkaによれば、今年春にオープン予定。800平米以上の敷地に展示会場、茶室、図書室に日系資料センター等を設置し、日本人移住の歴史や移住の際に携えた物品、強制収容所で使用した物品などを展示するという。北米旅行の際は、是非立ち寄ってみたいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年8月13日 大耳小耳  4日に開催された、藤瀬圭子プロダクション、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟共催の「花の歌謡祭」では、本紙の呼びかけで読者から楽曲のリクエストを募集、応募のあった中から約10曲を、コロニア歌手がステージで熱唱した。応募者から11人が当選、当日来場し、感謝状と記念品を受け取った。た […]