ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月12日付け

 クロマグロ1本が1億5549万円。超が付く高値である。下北半島の大間産であり222キロ。東京の築地卸売市場での「初競り」でのことだが、計算が好きな御仁が算盤を弾いたところ1キロが70万円とかだそうな。あの横綱の白鵬なら恐らく3キロくらいはペロリだろうから—口中の舌も驚いて仕舞い、横綱に「あまり食べるな」と叫ぶに違いない▼尤も、「初競り」は「ご祝儀相場」と言い、バカ値が付く。昨年も5649万円がつき史上最高値だったが、今年はこれの3倍だから卸売市場に詰め掛けたプロらも仰天し、すごすごと帰ったのではあるまいか。競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村の木村社長。早速—マグロを店に運び日本刀とそっくりな刃渡り150センチもありそうな「まぐろ切り包丁」で1億5千万円を捌き、大トロ一貫を398円で特売し、お客らは満面に笑みを浮かべての大喜び▼勿論、御一人さま一貫だけの制限が付いていたが、原価は一貫4万円から5万円につくそうだから—この値段は大安売りである。クロマグロは、マグロの王様であり、沖縄の沖と台湾を挟む海で春から夏にかけて産卵し、全長が3メートルにも達し400キロにもなる。その昔は、冷蔵庫もないために余り好まれなく、鮨のネタにもならなかったが、今や大人気となり東京の一流の鮨店なら大トロ一貫で1万円は覚悟した方がいい▼トロは美味い。取り分け大間産は脂の乗りがよく、赤身も味が深い。このため料亭でも格別の扱いだが、ここまでは行かなくても宮城県は塩釜の「シビ(マグロ)」の刺身での一盞が懐かしい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]