樹海

 24日付2面でも取り上げたが、ペトロブラスを巡る大型汚職「ペトロロン」で告発された企業の一つ、エンジェヴィックスの副社長の弁護士が「ペトロロンは労働者党(PT)が政権維持のために仕組んだもの」との文書を提出した▼自政権を維持するための議会工作用資金捻出のためにペトロブラスを巡る契約を悪用、選挙時も献金の形で金を出させていたというなら、現職政治家が初めて汚職で断罪されたメンサロンと同じ構図だ。セルソ・ダニエル市長殺害事件当時、大聖市圏サントアンドレの公共交通機関経営者達が袖の下を請求されていた状況とも重なる▼追い討ちをかけるように、ペトロロンの主犯と言われてきた闇ブローカーのアルベルト・ユセフ被告の弁護士も、「自分の顧客はPT政権維持のために仕組まれた権力プロジェクトに組み込まれた駒の一つに過ぎず、疑惑を解き明かす鍵などではない」とする文書を23日に提出した。パラナ連邦地裁で裁かれている企業家らは、本当の黒幕は政治家で、自分達は「贖罪のヤギ(スケープゴート、他人の罪を負わされる身代わり)だ」と言っている▼もしもそれが本当なら、黒幕のはずの政治家達は金を貢いだ企業家達よりも厳しく罰せられるべきだ。でも、メンサロンの場合もジョゼ・ジルセウ元官房長官らは企業家達より刑が軽く、既に自宅軟禁になっていたりする。ジルセウ氏はPT内での権力を再度得ようと画策し始めたとたんにペトロロンへの関与が言われ、PTがトカゲの尻尾きりをやる意向とも。政界の常識は庶民にはわからない事だらけだが、メンサロンやペトロロンを引き起こした体質の改善や浄化はいつの事やら。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」2016年6月11日 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」  有名なテレビ番組司会者マルセロ・タスは6日朝、CBNラジオで「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」と叫んだ。これは、日本中はおろか伯国でも連日報道されていた田野岡大和君の件だ。ブラジル人は日本人にどんなイメージを持ち、この事件から何を考えたのか?▼ […]
  • 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2017年5月9日 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「彼はこのエスケーマ(ペトロロン汚職のやり方)を全て知っていた。それどころか仕切っていた」――2015年3月に逮捕以来、ずっと否認を続けてきたペトロブラス元役員、レナト・ドゥッケ被告がこの5日、そう爆弾発言をした。長期勾留が堪え、司法取引をする気になって、急に口を開い […]
  • 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補2016年5月28日 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補  次期大統領選挙の最有力候補といわれるアエシオ・ネーベスPSDB党首の周辺が、だいぶ、きな臭い。テオリ・ザヴァスキ最高裁判事が24日、セルジオ・マッシャード元トランスペトロ総裁の司法取引証言を承認したため、同総裁とレナン上院議長との密談内容が詳細に報道されたからだ▼捜査状況を心 […]
  • ますます狭まるルーラ包囲網2016年2月11日 ますます狭まるルーラ包囲網  パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、ルーラ前大統領が足繁く通っていたアチバイアの別荘の改築工事の件を別件捜査する事を認めた▼ペトロブラス関連の汚職等を扱う連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で告発されたOAS社が、グアルジャーの3層住宅とアチバイアの別荘の改築に関わってい […]
  • ルーラは何を恐れているのか2015年6月23日 ルーラは何を恐れているのか  22日付エスタード紙社説欄に、「ルーラは何をそんなに恐れているのか」というタイトルの文が載った。下院ペトロブラス議会調査委員会が11日にルーラ研究所の岡本パウロ所長召喚を決めた後の労働者党(PT)党大会で、ルーラ前大統領が苛立ちを露にした事などに触れ、「疚しいところがない […]