ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月15日付け

 聖市南部のカンポ・リンポで8日に発生した妊婦銃撃事件の容疑者の1人が、11日に現場近くのファヴェーラで捕まった。強盗未遂で1年9カ月の刑を宣告され、セミアベルトで服役中の11年11月に聖州グアルーリョスの刑務所から逃亡した22歳の青年だ。どういう訳か、逃亡後に条件付の自由が認められ、昨年11月に一般検問、12月には無免許でのバイク運転と、今回の事件の現場から半径1キロ半以内で2度警察に連行されたが、2度とも釈放されていた▼被弾したダニエラさんは25歳と若くて健康体だったため、10日の脳死判定後、心臓と腎臓、肺、角膜が少なくとも6人の患者に提供された。他方、事件後に帝王切開で救出されたガブリエラちゃんは、13日に退院し、父親が待つ我が家に。ダニエラさんの命の糸は、ガブリエラちゃんと6人の患者達の新しい命、新しい生活という布に織り込まれている▼ダニエラさんを襲った強盗の1人はまだ逃亡中で、暴力事件増加に対する抗議行動も起きた。聖州海岸部プライア・グランデでの強盗殺人事件では、14歳少女が家族の面前で一家の主人を撃ち殺して逃亡。同グアルジャーではレストランの主人が7レアルが原因で客を殺すなど、年末からの2週間は胸の痛む事件が続いた▼ダニエラさんの臓器移植の話を読んだ時、サントアンドレー市の人質篭城事件で死亡したエロアーさんと、彼女の臓器を移植された人々の話も思い出した。伯国は交通事故などが多いから臓器移植も盛んときいた事がある。交通事故や暴力事件多発による臓器移植の場合、喜びと悲しみの秤はどちらに大きく振れるのだろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 政治批判を受け止めたリオのカーニバル2018年2月16日 政治批判を受け止めたリオのカーニバル  14日に行なわれた、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの採点結果発表で画期的な出来事が起こった。政治批判を行なって物議を醸したエスコーラ、ベイジャ・フロールが優勝、パライゾ・ド・ツイウチが2位となったのだ▼今回のリオのパレードがこうした内容になるこ […]
  • 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較2016年3月15日 殺人か、自殺か―犯罪大国と自殺大国の悲しい比較  地理的な位置条件、勤勉性、ウソの是非に関する考え方など、日本とブラジルはいろいろな意味で逆だが、先日ニューズウイーク日本版サイト(www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3779.php)を見ていて、もう一つ加わった▼昨 […]
  • 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件2017年4月4日 《ブラジル》〝マスコミの犯罪〟Eバーゼ冤罪事件  サンパウロ市で90年代前半からジャーナリストをしていた者にとって、気が重い本が出版される。『Escola Base』(Emílio Coutinho, Editora Casa […]
  • 7対1から得た最大の教訓2014年7月16日 7対1から得た最大の教訓  W杯準決勝ドイツ戦「7対1」の屈辱的結果を巡って激論が交わされているが、法律家ルイス・フラヴィオ・ゴメス氏の一文に最もハッとさせられた。いわく《グラウンド内でドイツに7対1で負け、天が我々の頭上で砕けたかのように嘆くが、グラウンド外(生活水準、競争能力)ではもっと恥ずべき […]
  • ペルーのナカダさん2015年9月19日 ペルーのナカダさん  ちょうど10年前の2005年に起きた「広島小一女児殺害事件」を覚えている読者の方も多いだろう。いわゆる「あいりちゃん事件」で、広島市内のブラジル人集住地区で起こった。「ヤギ」という日本名を持っていたが非日系ペルー人で、本名を偽って就労ビザを取得し、前年に入国していた。自国で3 […]