ホーム | 日系社会ニュース | グアルーリョス市=日系青年、強盗に射殺される

グアルーリョス市=日系青年、強盗に射殺される

ニッケイ新聞 2013年1月16日付け

 14日午後10時半ごろ、聖州グアルーリョス市でエンジニアのアンジェリト・ヨシオ・ウジエさん(26)が車で帰宅した際、自宅前で二人の青年に顔を撃たれて死亡した。
 警察によれば、青年らは車が止まったのを見計らい強奪を試みたが、抵抗されたため撃たれたとみている。アンジェリトさんは負傷しながらも家に駆け込んだが、亡くなった。強盗らは被害者の車を奪い逃走した。
 銃声を聞いて飛び出し、犯人を目撃した母親によれば、「15歳にも満たない子供だった」という。
 この青年らは、同事件が起きた地点からわずか4キロ離れた同市内で先月末、信号で停止した運転手を襲った青年らと特徴が酷似しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ