ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月16日付け

 高拓二世の佐藤夫妻がマナウス市にオープンした「エスパッソ・ユマイ」。名前の由来を尋ねると、佐藤さんは「私の父ユキオ、妻の父マサシの名前をもじって付けたもの。日本語で『勇邁』は、勇敢で強靭という意味だから、アマゾン開拓にやってきた二人の勇敢な精神をよく表している」と語る。高拓会会長(元)として、また個人として、親の名誉挽回に人生をつぎ込む熱意に脱帽。
     ◎
 瑞穂太鼓の中原代表によれば『川筋壱響祭』は、2002年からJICAボランティアとして全伯を周り、川筋太鼓の技術の普及に貢献した小田幸久さんへの感謝の気持ちを忘れないために創設されたのだとか。現在でも小田さんとの交流は続いており、毎年祭のための新曲を作り、ゲストとして門下生とともに来伯している。今回も前日の19日に小田さんらによるワークショップが開催され、出演団体らに向けての新曲の指導が行われるとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2005年7月16日 大耳小耳 7月16日(土) […]
  • 眞子さま=アマゾン開拓の功績称える=マナウスで日系人とご接見=皇族お立ち寄り30年ぶり2018年8月1日 眞子さま=アマゾン開拓の功績称える=マナウスで日系人とご接見=皇族お立ち寄り30年ぶり  【マナウス発=山縣陸人記者】「高拓生をご存じだった。ジュートのことも話されて驚きました」――。7月24日午後2時にアマゾナス州都マナウスに到着された眞子さまは、午後5時半に西部アマゾン日伯協会会館で現地日系人・日本人に接見された。そこでの印象を、アマゾン高拓会会長の丸 […]
  • 竹の魅力と報徳思想を語る=松田パウロさん講演会=争いのない世界実現のために2017年8月24日 竹の魅力と報徳思想を語る=松田パウロさん講演会=争いのない世界実現のために  ブラジル日系作家アカデミーが先月28日、日本から来伯した松田パウロさん(60、神奈川県)の講演会を聖市内のホテルで開催し、同会員ら約25人が参加した。松田さんは東京農業大学林学科で学び、1980年に卒業した日本人。82年には農業実習生としてトメアスー移住地に渡った。実 […]
  • アマゾン雄飛したかった田中角栄2017年8月11日 アマゾン雄飛したかった田中角栄  庶民派首相・田中角栄は死んでなお人気が高く、今も彼に関する本が続々と出されている。そんな一冊、5月に発売された『田中角栄 最後のインタビュー』(佐藤修、文春新書)の出だしに引き込まれた。 《私が田中角栄に初めて会ったのは、一九八〇(昭和五十五)年十二月十六日、ブラジ […]
  • 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(下)2017年2月2日 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(下) 森林農法  黎明期のアカラ移住地は、野菜の生産で命脈をつないでいた。  期待のカカオ樹は、病害で全滅し、全力投入の米の市場も無い。  大河流域の乾季には、無尽蔵と想われる魚類が市場に溢れ、人間の経済活動を嘲笑う原始河川の躍動は、日本神話の「海幸山幸」の豊穣の世界そのま […]